前へ
次へ

会社員が不動産投資を実践する利点

会社員が不動産投資をするメリットは、複数あります。
不動産投資は、マンションや戸建てなどを買い上げ、賃貸物件という形で貸すことで住居の家賃収入を得るメカニズムです。
管理を管理会社にお任せすれば、あまり働くことなく住居の家賃収入を得られることから、不労収益を獲得できる方法と言えるでしょう。
その一方、経費カットのために個別に管理する場合、入居者の要望についての対応、修繕手配などが加わるため、不労収益ではないと言えます。
しかし、就労の程度に対しまして確保できる実益が多く、会社員で勤めながら行いやすい運用と言えます。
また、物件をローンを利用することによって買う場合、団体信用生命保険に向けての加入が不可欠です。
団信については、ローン契約者が亡くなられたり、病気で重度障害を負ったりして返済が難しくなった際に、残債を契約者に代わって払ってくれる保険になります。
要するに、自らの代わりにファミリーが返済に追われる心配が不要になります。

Page Top