前へ
次へ

エクステリア工事及び外構工事の相違

以前は外構もエクステリアも同じような意味で活用されていました。 外構工事については建造物の外の構造物の工事トータルを呼ぶ時があります。極端に言うなら外構は構造物であると言えるでしょう。 エクステリアが外構とは異なるところは、インテリアがあるようにビジュアル的に建物外部を受けとり、スペースや周辺環境を仕掛けることです。 一昔前まではエクステリア工事及び外構工事は同じ意味を含めて用いられていましたが、ここにきてはっきりと異なった意味合として扱われています。 外部にファッショナブルなニュアンスを見せることがエクステリア工事になります。それから、外構工事は機能性優先のパターンが強まり、犯罪防止や目隠しを意図したものをいうようになっています。 デザインやビジュアル性に重点を置くエクステリアになります。 門扉で例をあげると門扉には開閉式及びスライド式があります。そして、前と後に開閉できるかできないかでどちらかを採り入れることになります。 原料品は軽いアルミ製や重い鉄製、木製やステンレス製などが想定されます。 家屋の顔と言っても良い門扉は家屋のデザインとのハーモニーを鑑み、プライバシーをもちながら、閉鎖的でないものが選ばれることが多いといわれています。 ビジュアル的には格子バリエーションやスリットで見られるシンプルなものからナチュラルな風合いを演出する木製バリエーションがあります。 また、門扉をオープンすると玄関に向けてのアプローチがあります。 打ちっぱなしにすべきか煉瓦で床を華やかにするかバラエティーに富んだ原材料から選択可能です。 この際気遣いをする点は、雨などによって濡れている時にスリップしやすくならないか留意することです。 フェンスも変わりなく外からの視線をカットする場合や、外が見えるバリエーションと多様です。 原料品もアルミ製等、色々なバリエーションから選択できます。 エクステリアはデザイン性やビジュアル性はもとより犯罪防止、機能性も併せて勘案することで快適性が圧倒的に向上するといえます。

高利回りの物件を公開

Page Top