前へ
次へ

綿密な資金計画が必要な、不動産投資

不動産(マンション、アパート)は一生のうちで、一番高額な買い物だと言われています。
従って金融機関でローンを組み、それを購入する方が大半です。
不動産投資では事前に綿密な資金計画を立て、それをより着実に実行する事が欠かせません。
金融機関から借り入れを行った場合、元本に利息を上乗せした金額を返済する必要があります。
返済中に金利が上がってしまうと、資金繰りに余裕がなくなり滞納してしまうリスクがあるのです。
金利が変わらないという前提で、資金計画を立てると最終的には赤字に転落してしまう恐れがあります。
人生と同じように、不動産投資にも様々なリスクが生じる可能性は否定出来ません。
リスクをいかに回避するかが、何より重要です。
現金で一括購入しない場合、滞納リスクを必ず想定した上で投資活動を行って下さい。
金利の上昇を見込し頭金を増やす等、余裕を持った資金計画を立てたほうが安心して不動産投資に専念する事が出来ます。

Page Top