前へ
次へ

不動産投資の主な特徴

不動産投資については、一ケ月ごとに受けることができる賃料及び値上がり益が出るケースになると値上がり益によりまして、資金回収し、収益をあげられる方法です。
一方株式、あるいは国債というような配当や外貨預金には金利がつくことになります。
したがって、インカムゲインとリーズナブルに手に入れて高い価格で売るキャピタルゲインを手にするといった投資商品と原則として一緒です。
しかし、株式、あるいは国債など額面が365日24時間つけられている投資に関しては、マーケットが開いていえる際に適したタイミングで売り払うことができますが、不動産は、売買手数料が高いことそれから、不動産が土地と建物により全面的に違うので値段がひとつずつ異なることから、保有している期間中のキャッシュフローを確保することを根幹においた投資になります。
短期の不動産に関する値段の上下と常日頃の住居の家賃収入はリンクしないため、安定感がある収入額を得るのに相応しい手法といえるでしょう。

Page Top